auのVoLTEsimってauのLTEバンドを掴むsimフリー機なら差し替えて運用できる。個人的は1年単位で買え変えを予定してるからSIMフリーのスマホで十分 バッテリの問題でdocomoの頃は1年払いで払ってた。その頃は携帯代と端末代合わせて1万円未満だったな。だから発売日の翌日には新しい携帯だった。まして高校生の時に毎月バイト代で払ってた。当たり前だけど。SIMフリーの携帯を使って良かったこと悪かった所は、SIMフリーの携帯の良さはキャリアにとらわれない。1万円代から有ること。悪い所は、保険がない(僕は別で保険かけてる)自分で何でも設定。端末によって拾わないバンド帯がある。キャリアのサポートがない。以上中級者向け。

ゴミスペックでもゲームが快適にできる設定調べて設定した。開発者向けオプションから設定。アンドロイドバージョン4.4.4向け。SIMフリーの良さはキャリアにとらわれない。ガジェオタから『ガッカリスマホ』と言われてるVAIO Phoneは割とオススメですね。確かSIMフリーで格安SIMも使えた筈だから。機能もソコソコでマイクロSD刺せますからメモリ追加も可能。SIMフリーのZ3 Compact買うかな。iPhoneってnanoSIMなのな。SIMフリーiPhone買っても今持ってるmicroSIMはささらないな。SIMフリーかつ対応通信方式が同じなら使える。auは特殊な方式使ってるから端末がSIMフリーだろうと挿しても基本アウトなはず。フェアドル大きい画像で自慢したりあとねこあつめたりしたいからゲーム用の白ROMかSIMフリー端末持ちたいんだけどデータ専用SIMほとんどクレジットカード払いで選択肢の少なさにグギギってしてるとこ。