近年の急速な普及に伴い、私たちの生活にすっかり浸透したと言っても過言ではないタブレット端末。
2010年にアップル社からiPadが販売され、今ではすっかり世の中の人に受け入れられる存在となっています。

そんなタブレット端末の先駆者としての存在感のあるiPadですが、最近では公式ストアにおいてSIMフリーモデルが販売されるようになりました。
ipadの種類として、wifiのみで通信を行うwifiモデルとwifiと通信事業者のモバイル通信と2つの方法で接続を行うことのできるセルラーモデルの2つのモデルが存在します。自宅などの屋内のみでの使用の場合、wifiモデルでも不便はありませんが、外出先でも使用する場合はセルラーモデルが便利だと言えます。

そのセルラーモデルにSIMフリーモデルが追加されたのです。SIMフリーモデルとは通信キャリアを自分で自由に選択できる強みがあり、SIMフリーモデルで価格の安い通信事業者と契約することで、毎月の通信費を抑えることができるのです。

セルラーモデルの価格はwifiモデルよりも高くなっていますし、SIMフリーモデルを購入する場合は、大手通信事業者と契約した時のような価格の割引は期待できないため、その点には注意をしたいところです。